開店祝いに贈るお花のマナー

開店祝いにお花を贈るのは、相手のますますの発展を願う、応援する、これからも親しくさせて頂く、といった意味が込められています。インターネットでも気軽に注文することができます。送る時期は開店に華を添えることができるよう開店の前日までに届くようにしますが、例えば枯れやすい生花とは異なり、定番の胡蝶蘭は持ちが良いので、1週間位前でも大丈夫です。観葉植物などでも構いませんが、絶対に避けなくてはならないのが火や赤を連想させる物です。木札を立てることもマナーであり、もし親しい相手の場合は木札ではなく、メッセージカードでも構いません。予算は開店祝いの場合は2万円台が相場とされています。インターネットでの注文の場合、贈るお花の見本を画面で見ることができるので、分り安く、どんな物を贈ったか確認ができるという点が安心です。また、木札だけでなく、メッセージカードを印刷してくれるショップもあり、便利です。

開店祝いにスタンドの花を贈るポイント

開店祝いにスタンドの花を贈るポイントとして、どのようなことがあるのかをあらかじめ知っておくことでいざという時に役立ちます。そこで、どのようなことがあるのかというと、予算を考えるということがあります。一段のスタンドの場合、約10000円程度で出来ますが、もっと豪華にしたいのであれば15000円くらいが目立っておすすめです。わからない方は、事前に花屋さんへ相談をされることをおすすめしておきます。それから季節感のあるものを取り入れてもらうことです。お店の開店祝いなのですから華やかなものはもちろんのこと、季節感も感じることができるスタンドをつくってもらうことがポイントになることを知っておきましょう。また贈るお店のイメージも大切にすることです。どのようなお店なのか飲食なのか美容院なのか、それともバーのような感じなのか把握してそれに合ったものを選ぶようにすることです。

開店祝いにお花を贈るにあたって

知り合いの開店祝いなどで贈るにあたってどのようなことをポイントにすれば良いのかを知っておいてください。まず、依頼をするお店を選ぶことが大切であるということです。花束などとは違い、また違ったセンスが問われるのが開店祝い用のお花です。そこで豪華に見える、それでいて選ぶ花の種類や鮮度、それからアレンジメントにおいても店によって様々なパターンがあります。まず、そのお店がどのようなアレンジをされているのかを知っておくことで選ぶ際のコツになります。それから次は、依頼をするお店にあまり細かな注文はしないことです。だいたいのイメージや値段などくらいにしておくことです。細かなことを注文しても物を仕入れることができないこともあるということを知っておきましょう。このようなことを開店祝いに贈るコツとして知っておきましょう。

「Plejour」とは、英語の「Pleasure(楽しむ)」と仏語「jour(1日)」から生まれた造語。 プレジュールは、素直に感動できる心を大切に、お客様にいつでも笑顔でいただける花をご提供していきます。 決められた時間に注文を受けた場合、3時間以内(またはお客様の指定時間)に間に合うようにお届けしており、お急ぎの場合も安心です。開店祝いに花を贈りたい方はこちら