結婚式の招待状は自作が増えています

Leave a comment

結婚というのは、言うまでもなく人生の一大イベントです。その準備は非常に大変であり、時間と労力のかかるものですが、一生に一度と考えるなら楽しんで行なうのが良いでしょう。式を迎えるにあたり、まず最初に行なうのは、結婚式の日程選びです。最近は大安などの吉日を気にせず日程を選択するケースも見受けられますが、結婚式には年配者も出席されることでしょうから、吉日を選択したほうが無難です。遠方からの出席者が予想される場合は、曜日や開催の時間も十分考慮しなければなりません。日程が決まれば式場選びが待っています。いわゆる結婚式場で行なうかホテルで行なうかの選択になると思われますが、予算と立地条件等を照らし合わせて選ぶと良いでしょう。

実はここが最も難しいポイントです。誰のために開く結婚式なのかを良く考える必要があります。こじんまりとした結婚式を行なうのであれば、レストランを借り切る方法も考えられます。結婚式を積極的に受け入れているレストランもありますし、通常は受け入れていないけれども、時期によっては受け入れてくれるレストランもありますので、選択肢の一つにすれば良いでしょう。変わったところでは、スキー場のゲレンデを借りて式を行なったり、職場で式を行なった例もあります。式の日程と式場が決まれば、次は招待状を発送することになります。招待状の製作及び発送はホテルや結婚式場の料金に含まれている場合がほとんどですので、式場に確認してみましょう。式場に招待状の発送を依頼するのであれば、当然ながら来賓リストを先方に早い段階で渡す必用があります。式場に依頼せず、招待状を印刷会社等に依頼して自分で郵送してもかまいません。式場に依頼することを考えればコスト削減になるでしょう。

式場や、印刷会社に任せるという方法もありますが、最近流行なのが、自分でデザインして作成した招待状を送る方法です。お仕着せの招待状ではなく、個性豊かな招待状を送りたいと願う方が増えたことも有り、一気に広がったようです。自分でデザインしても良いですが、最近はデザイン性の優れた無料の雛形も多くありますのでそれらを利用するのも一つの方法です。自分でデザインする場合は、あまり華美にならず、季節を感じられるものが良いでしょう。また、忘れてならないのが、発送する時期です。送付が遅れれば遅れるほど、後々の段取りに狂いが出てきてしまいますので、極力早く仕上げるように心がけましょう。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*