結婚式の招待状は、オーダーメイドそれとも手作り

Leave a comment

招待状は二人の結婚式や披露宴をお知らせする大切なものです。結婚式場で見積もりを出してもらうと、一般的に招待状の費用が含まれています。招待状にこだわるのなら、自分で見つけた業者に頼むか、自分で手作りをすることもできます。ここでは、結婚式場で作成を依頼する場合、業者に依頼する場合、手作りする場合についてご紹介します。まず、結婚式場で依頼する場合からご紹介します。この場合、デザインを選び、文章を決めます。文例が用意されていることがほとんどなので、文例の中から選ぶカップルがほとんどです。招待状、案内状、挙式参列やスピーチを依頼するカードなど必要なものは全て依頼することができます。宛名はほとんどの場合、自分で掻かなくてはなりません。式場に依頼する場合には、追加料金がかかることがほとんどです。ブライダルプランナーに任せられるので自分達で確認するだけで、費用はかかりますが、手間がかからないというメリットがあります。しかし、文面やデザインが限られているというデメリットもあります。次に自分で見つけた業者に依頼する場合です。デザインにこだわる人や費用を少しでも抑えたいというカップルが利用しています。業者によって違いますが、オーダーメイドすることもできます。費用を抑えるために、デザインだけを業者に依頼して、印刷は自分達で行うこともできます。式場に依頼する場合は限られたデザインになりますが、自分で業者を見つけて依頼する場合は、数ある業者の中から気に入ったデザインを見つけることができます。また、招待状だけでなく、席次表やプロフィールなどの紙関係を全てコーディネートすることもできます。また、費用を抑えたいと思えば、デザインは限られてしまいますが、安くすることもできます。とことんこだわりたければ、費用はかかりますが、自分の希望どおりデザインにすることもできます。しかし、業者によって異なりますが、画像などで確認するだけで、納品されるまで実物を手にとって確認することができないというデメリットもあります。最後に自分達で手作りする場合は、結婚準備にこだわって手作り間を出したい、もしくは費用を抑えたいというカップルに人気があります。最近は、専用のソフトなども販売されていて比較的簡単に、心のこもった手作りの招待状を作ることができます。また、夫婦で協力してつくることにより結婚準備も良い思い出になります。招待状は、二人の結婚式や披露宴のイメージを伝える大切なものです。挙式の2ヶ月前には発送できるように余裕を持って発送することをお勧めします。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*